> カテゴリ
全体
近江の国から 店長
坂倉
A 
(有)キムラ 社長
STAFF こころ
未分類
> フォロー中のブログ
> おいしいお米を買うなら
<   2008年 05月 ( 10 )   > この月の画像一覧
【水田溝切作業】その名も「田面ライダー」
d0139423_11192459.jpg


水田溝切機  その名も “田面ライダー” に乗って田んぼに溝切りをされている風景です!!

乗ったままでらくらく作業ができ、丈夫な溝がつくれます

健康なイネ作りには、中干が重要で溝切機を使って倒伏しにくく冷害に強いお米を作ります

『溝切の効果』
①土壌への酸素補給を行い根の老化を防ぎ、根の伸長・葉の光合成を促進します
②無効分けつを抑制し、穂揃えや稔実がよくなるとともに倒伏を防止します
③落水が短時間にでき、中干しによる表層亀裂で透水性が良くなりまた、稲刈り等の作業が容易になります

作業日  5月30日(金)
作業者  柴田ファーム (柴田 幸弘氏)
[PR]
by kimsho | 2008-05-30 11:30
【研修会】 第3弾  温暖化現象に対応する稲作新技術
最近の温暖化現象により米の収量・品質に悪影響を及ぼしている。
その対策の基本は稲作全期を通して、根を充分に観察し健全な根を維持することである。


1・温暖化対策は地力の回復を図ること  ①有機質の不足で、腐植が減少    ②大型機械で耕盤を圧密
  ③化学肥料の多用で微生物が死滅   ④微量養分が下層部に沈殿
 含鉄資材、ケイ酸質資材の投入(エフグリーン、マグホス)

2・有機物が不足した場合の障害
  ①作土が硬くなる          ②根が伸びずに早く老化する
  ③肥切れしやすい。加里、苦土、ケイ酸の流亡する
  ④微生物の活動が衰え土中の養分が有効化しない

3・素質の悪い苗は温暖化影響を受ける

  ①適当に蒔かれた厚捲きの苗     ②高温管理で伸びすぎた苗
  ③育苗日数が長い老化苗を植え付け

4・温暖化対策は植付け後、速やかに活着させること   多木有機液肥の施用で活着を促進
  ①施用する倍数:200倍液      ②施用時期:田植えする5~3日前
  ③1箱当たり施用量:500cc貧弱な苗、老化した苗には特に効果が高い

5・温暖化対策には根を健全に保つこと  ①活着期:深水で苗を保護
  ②活着後:田植え後10日目に一時落水し、水の入れ替え、後は浅水管理
  ③出穂期以降:飽水状態

6・温暖化対策は過繁茂を防ぎ受光態勢をよくすること  ①1株3~4本植え、栽植密度を坪当たり50~55株植
  ②1株18本の分けつ数で中干しの実施

7・受光態勢をよくする方法
  マグホスを調節肥として施用
   ①施用時期   出穂40~30日前  ②10㌃の施用量 30~40kg
   ③調節肥の効果:稲の生育中期にマグホスが稲体内の窒素を消化し
    窒素のだぶつきを防ぎ稲の生育と根を健全に保つ

8・温暖化対策は生育後期の栄養状態を最良にすること  第一回目穂肥のねらい:1穂当たりの粒数を増加させること
    施用時期→気象条件によって変動する。出穂24~18日前
  第二回目穂肥のねらい
    近年、出穂後から栄養不良→出穂後の栄養状態が良くなる管理に努める。
     ①籾の退化を防ぐ        粒数の確保
     ②籾殻を大きくし登熟を高める  登熟歩合の向上
     ③稔実を高め、籾を重たくする  千粒重の向上
      施用時期 → 出穂10日前~出穂10日後
しき島6号又はしき島9号を1、2回ともに穂肥として使用
[PR]
by kimsho | 2008-05-28 15:22
【研修会】 第2弾 国内情勢
国内情勢
1・米価の低迷と資材の高騰    米消費の減少
①転作未達県:44県、優等生13県  作況指数99  九州、山陰地方が不良
過剰作付け:23万トンの余剰米 18年よりも4000㌶の面積増加転作の強化
政府34万トン隔離 新潟コシヒカリ7万トン 秋田あきたこまち7.1トン山形はえぬき4万トン
放出:6月頃に放出すると19年産米価に影響17.18年産凍結している
全農10万トン非食用
新潟コシヒカリ白米5kg5,000円 玄米8,000円/30kg 2,000円値下げ
②米価、全農の概算金60kg7,000円
誰のために赤字を出しまてまで作らなければならないのか もう米づくりは止めという声が聞こえてくる
③生産コストの値上げ=米価は下落へ
 耕作料金、機械作業料金、肥料、農薬代  請負作業料金等の値上げ
★儲からない稲作

2・品目横断的経営安定対策の見直し
①名称の変更:水田経営所得安定対策
②用語の変更
ゲタ:むぎ・大豆直接支払   緑ゲタ:固定払い   黄ゲタ:成績払い
ナラシ:収入減少補●     経理の一元化:共同販売経理
③面積要件見直し:市町村特認制度の創設

3・限界集落
 65歳以上の高齢者が集落人口の半数を超え、集落維持が困難となっている集落をいう
①10年間で5000集落が減少
②限界集落は過疎地全体の13%に当たる約8000集落が限界集落で今後潰れる
③集落機能の崩壊、農村文化、祭礼を含めた伝統文化の灯が消える
④高齢化で機械、自動車操作、農産物の販売ができない等で農業生産が低下する

4・減反災害①転作の押しつけで農地が崩壊。農道の決壊、水路の崩壊、土砂の流入、樹木の繁茂
減反災害と呼ぶ
②減反災害復元には多額の費用を必要とする。誰も手をつけない
③農地が潰れると「帰るべき人が帰ってこない」…人口が減って村が潰れる…学校や郵便局
病院が無くなり地域が潰れる

5・失われる農業生産技術①高度成長期は学歴社会…農業の手伝いをさせなかった  後継者育成の不備
②先人が生み出してきた匠の技術は忘れられてしまう
③新たに技術を生み出すのには長い年月が必要。食糧難時代に間に合わない
④今の若手の仕事は技術ではなく、手伝いである
⑤農家後継者でも自分のところの水田がどこにあるか分らない。他人の田に肥料蒔きをする

6・集落営農4割が赤字
① 多額の人件費
② 経理事務、労務管理等の企業的感覚が希薄
③ 作業効率が悪く生産性の低下
④ 天候支配され目標が達成できない
⑤ リーダーが変われば集落営農は潰れるというジンクスがある
⑥ 健全運営されているところは、村に財産を持っているところ
  (高速道路などで村の共有林が売却され多額の財産を保有しているところ)
⑦ 農業法人化組織は補助金の切れ目で破綻する。健全運営組織は補助金が廻ってきているところだけ

7・食料危機の到来と農業新時代・農業現役の年代:平均年齢68歳  この先7年でリタイヤ  農業が潰れる
・輸入農産物が入ってこない    ・安全と安心の国産物に消費者
・米:現状から1杯多く食べれば米不足
・米窃盗団の横行
・ゴルフ場、運動場は芋畑に変身
・消費者天国から生産者天国時代へ

海外インフレ  消費者増 人口増  国内デフレ  消費減 購買力低下

5年先に農業の新時代   あと5年の我慢
[PR]
by kimsho | 2008-05-27 17:58
【研修会】 第1弾 『最新の国際情勢と変貌する農業』 
1・増え続ける世界人口
 今日の世界人口66億人うち中国13億人・インド11億人(世界人口の24%)
 2050年には99~100億人になる 中国13⇒14億人 インド11⇒16億人(世界一へ) 
 日本の人口は2005年から19,000人減少、戦後初めての減少 2050年には1億人を下回ると予測
 穀物消費量は増加・1人当たりの耕作面積の減少、収量の伸び鈍化→消費が生産を上回る
   ★世界的な食糧危機の到来と日本が危ない!!

2・中国の動きが問題
 中国:歴史上では農民暴動によって国が潰れている 周、宗、明、唐の時代
 現代も食糧不足と飢えで暴動が毎日起こっている 国が潰れる危機的な状態
 第1波は北京オリンピックが終了時に大きな変化がある
 食糧安定のため米や農産物の輸出を禁止し供給を高めるよう転換された
 中国は輸出国から輸入国へ向かっていく 日本からの米輸出:評価が高い、米泥棒
   ★日本の輸入食料がストップ
  
3・バイオエタノール 2007年1月ブッシュ大統領が一般教書演説 2017年までに年間350億ガロンの
 エタノール使用を義務づけ 1ガロン:3.79リッター  世界の穀類、トウモロコシ、大豆がエタノールに活用
 森林の伐採で農地開発(ブラジル)トウモロコシがタノールに:飼料高騰 畜産農家打撃
 新潟県と北海道にエタノール工場建設の計画がある
 世界各国でエタノール作物を増産するため休止していた農地まで栽培を広げている
 その為、肥料はエタノール作物栽培に回され、肥料原料が高騰している
 肥料原料は3倍の高騰、加えて原油高と陸海運賃の値上げが影響している
   ★大幅な肥料の高騰

4・温暖化による気象変動
①森林の伐採による砂漠化の進行
②アマゾン川の森林は地球の浄化装置的地域
 ブラジルはバイオエタノール開発と生産量が最も進んでいる国、森林を伐採して大豆栽培
 大豆エタノールを生産
③オーストラリアの干ばつ
オーストラリアは100年に一度しか干ばつが起こらない国が2カ年連続して干ばつが起こっている
小麦の大不作
日本への輸入が困難:オーストラリア小麦は麺用に使用している ストックは1ケ月分
ラーメンが姿を消すかも
FTA(貿易協定):自国が不足しているのに海外への輸出までしない
小麦の高騰でカナダ産小麦も高騰している カナダ産小麦はパンに使用されている
④アメリカ農地の水不足で塩類蓄積、不毛地が増加 穀物不足
⑤今後、気象変動にによって農作物の大不作が頻繁に起こる可能性が増えてきた

5・原油高で農業資材の高騰      海上運賃の高騰
 石油使用による生産コストの上昇 
 石油を原料にしたビニールハウスやプラスチック類等資材の高騰
 ビニールハウス、温室園芸農家に打撃 栽培を休止した農家が出てきた
[PR]
by kimsho | 2008-05-24 15:52
株式会社 木村商店主催【研修会】

d0139423_1181515.jpg

5月23日(金)午後7時より 琵琶湖コンファレスセンターにて【研修会】を開催いたしました!

講師は 汎陽科学株式会社 社長 井上さん ・・・大豆の種子コーティングによる息吹農法について

多木化学株式会社 堀江 溢雄技師 ・・・一、昨年度の反省と温暖化に対応したH20年度の黒豆栽培について   
二、平成20年度米作について

以上の内容でくわしいお話がございました!!
農家の方々から様々な質問もたくさんあり、皆様熱心にお話を聞いておられました。

内容につきましては自社HP・きむしょう便りで随時、掲載してまいります!
今後の国内情勢・減反災害・食料危機・農業新時代・・・・・などなど
お見逃しなく!!




   
[PR]
by kimsho | 2008-05-24 13:50
お米 【食糧危機】???
連日テレビなどで報道されております【食糧危機】
各国ではさまざまな問題がありどうもお米の価格が急上昇しているようです!!
日本でもお米の価格上昇は避けられない様子にもなってきました。

しかし、当社(株式会社 木村商店)ではお客様のニーズにお答えすべく
現状、価格は据え置きさせていただきます!!

そこで “近江の国から 木村商店” 6月度のセール品のご紹介です!!

大好評 あきたこまち 環境こだわり米 玄米 30kg

キヌヒカリ 環境こだわり米 玄米 30kg
 
以上2点は価格はおたのしみに(*^_^*)

父の日特別セール ミルキークィーン 環境こだわり米 白米 10kg(5kg×2袋)
¥4,280 税込・送料込 
 

尚、6月中に玄米30kgもしくは白米27kgをご購入の方に もれなく
米びつ当番 “お米を虫から守る” たかのつめ (最高級品三鷹唐辛子使用)をプレゼント!!

d0139423_1153495.jpg

[PR]
by kimsho | 2008-05-23 09:47
お米お譲り下さい!!
近江の国から木村商店 店長 木村です!!

【近隣の皆様へのお知らせです】

ネット販売中のお米ですが、在庫の方がかなり限られてきました(>_<)
そこで、近隣の農家の皆様へお知らせですが、お待ちのお米をわけていただきたく思います!

特に品種は、平成19年滋賀県産 コシヒカリ・キヌヒカリ です!

できれば検査1等米でお持ちできる方!
お持ち頂きましたら、お米の品質をチェックさせて頂きます。


まずは、御一報を!!
株式会社 木村商店  TEL  0749-43-3009
メール http://www.kimsho.com/


 
[PR]
by kimsho | 2008-05-14 15:35
【田植えもいよいよ終盤戦】
d0139423_11371866.jpg


田植えもいよいよ終盤戦に入りました
農家の方々は、そろそろ疲労のピークを迎えるころかな(@_@;)
全国の皆様においしい“お米”を提供できるよう休まず丹精込めて栽培されておられます!!
[PR]
by kimsho | 2008-05-14 11:40
アイガモの子供
アイガモ農法の風景です。こんな圃場があるとなんだか癒されます。
がんばって草をたべて大きく育ってね。
d0139423_8582511.jpg

[PR]
by kimsho | 2008-05-09 08:59
お米価格上昇???
d0139423_15291835.jpg


田植えシーズン真っただ中!!

しかーし、お米の価格がなんだか上がっていく気配にあります
米業界ではそんなウワサもちらほら・・・・

原油価格の上昇などでお米を入れている宅配ケース(段ボール)も5月20日から値上げだとか(>_<)

我、株式会社木村商店ではお客さま最優先で考え価格の値上げはなんとしても避けたいところです。
引き続き安定した商品を皆様に供給できるよう、ガンバってまいります!

近江の国から木村商店
店長 木村 喜之
[PR]
by kimsho | 2008-05-01 15:44